伝えたい英語~約1800日の奮闘日々より~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sharp

1つの単語でも、

「え?なんで??」と驚くような

別の意味を持ってたりしますよね。

そこが英語の魅力の1つであると思うのですが・・・


今回は、そんな英語の1つ。

”sharp”

です。


一般的には、

「鋭い」という意味がまず浮かぶでしょうか?

切れ味が良かったり、

顔の輪郭がくっきりしいている時にも使われますね。

同じ鋭いでも、頭の良さに使われることもあります。

これらは名詞、形容詞として使われる場合ですが、

副詞として使われる場合の意味は何でしょうか?



”What time is it now?”


”8 sharp.”


というように使われるのですが、

どうでしょう?


この場合は、

「きっかり、ちょうど」という意味で使われます。


上の文を訳してみると、


「今、何時ですか?」

「8時ちょうどです。」


となります。

この場合のルールとしては、

”(時間) sharp”というように、

時間の後に必ずきます。


”8 PM sharp.”

”8 o’clock sharp.”

というように、どんな時間の表し方でも使うことができます。

今度時間を聞かれた時や、

時間を決める機会があったら使ってみてください:)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。