伝えたい英語~約1800日の奮闘日々より~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数字のコツ

2ケタ以上の数字を読む際、

よりナチュラルに聞こえるようなコツは、

最後の数字を強く読むことです。



例えば、


「55」

”fiftyーfive


「718」

”seven one eight


というように、

下線部の方の数字を強く読みます。

すると、英語っぽさが増すんですね!



そして、「1983」のような場合、

「19 83」とまず2ケタずつに分けます。

そして、

”nineteen  eighty-three”

と読むのですが、この場合のアクセントも

”nineteen  eighty-three

と最後を強く読んでください。


”nineteen”の読み方は、

久々のブログ更新の回でも紹介した通り、

”nineteen

ですね:)


次回、数字を読むときは、

ちょっと意識して読んでみてください:)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。