伝えたい英語~約1800日の奮闘日々より~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめ(12月第2週)

今週もお疲れ様でした!

12月も1/3を過ぎましたね。

もう年末モード?!

忙しい中でも、しっかりおさらいしておきましょう!



”have no heart”

というフレーズには、

「思いやりがない」という意味があります。

とてもシンプルで想像しやすいですね。

ただ、なかなかインパクトのあるフレーズですので、

正しい場面で使って下さい。

笑顔で、冗談で使ってください:)



「捕らぬ狸の皮算用」ということわざがありますが、

これを英語にすると、

”Don’t count your chickens

 before they are hatched.”

となります。

直訳すると、

「卵が孵らないうちにヒナの数をかぞえるな。」

です。

たぬきがチキンに・・・アメリカらしいですよね!笑



”up in the air”というフレーズは、

「未定である」

という意味です。

予定がふわふわと中に浮いている・・・

きちんと定まってない、

というイメージができますね。

”up”を抜いて、”in the air”

だけで使われている場合もあります。

これは好みですが、私の感覚では”up”入りの方が

なんとなく言いやすいです。



「ガソリンスタンド」のことを

アメリカでは一般的に

”gas station”

と言います。

「ガソリンスタンド」は和製英語なんです。

ということで、「ガソリン」のことは

”gas”と呼びます。

発音は、「ガス」ではありません。

敢えてカタカナで書くならば、

「ギャス」です。



「計画を立てる」は、

”make a plan”です。

また、”plan”は動詞にもなりますので、

動詞として使う場合には、「計画を立てる」

という意味になります。

”I make a plan....”



”I plan....”

も同じ意味です。

どちらを使ってもOKです♪

両方使えるとさらにGoodです:)



そして。

英語の勉強は、自分に合った勉強法を見つけることから、

です。

「やらなきゃいけない」という強迫観念だけでは、

苦しくなって、英語が嫌になってしまいます。

そうでなくても、長続きしないハズです。

まずは英語の楽しい部分を見つけてとっかかってください!

興味があること、趣味、好きなことと英語を繋げてみる。

英語の何かにハマってみる。

楽しいばかりでは英語マスターになることが難しいのも事実です。

でも、楽しいと思える部分もなくては続けられません。

そして、英語の印象を良くすることは、最初のうち(とっかかり)で

とても重要なことだと思います。

焦らず、英語を楽しみましょう♪



と、ここまでがおさらいです。

元の記事の方に例文など、詳しく書いてありますので、

よかったらチェックしてみてください。

メールでの質問も受け付けています。

ではでは、

Have a great Sunday!



ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。