伝えたい英語~約1800日の奮闘日々より~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heads or Tails

よく映画などで観たことがある方もいると思うのですが、

決め事をする時に、コインを使うことがあります。

コインを高くあげて、

「裏か、表か!」

というやつです。


片方の手を縦のグーにした状態で、

親指を人差し指の下に持っていき、

その上にコインを乗せます。

そして、親指をピンと跳ねさせ、

コインをトスします。

落ちてきたコインを反対の手の甲にのせて、

トスした方の手で隠します。

こうする時に、

”Heads or tails!”

(表か裏かどっちだ!)

と言います。


Headsが表(人物が載っている方)で、

Tailsが裏です。


答える時は、単純に

”Heads!”

”Tails!”

の2つのうちのどれかしかありません。


なぜひとつのコインで決めるのに、

複数形なのか??

疑問に思いますよね。

オンライン辞書で調べてみると、どちらも存在しています。

が、私の感覚で言わせていただくと、

複数形の方を使っていました。

なので、複数形の方が自然に聞こえます。


このコインで決める方法は、じゃんけんより

一般的ではないかと思います。

コインがあれば、コインで決めます。

サラリとやられると、

ちょっとカッコイイですよね・・・。笑



ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。