伝えたい英語~約1800日の奮闘日々より~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yankee Doodle

「アルプス一万尺」という民謡をご存じですか?

私も子供の頃に手遊びとして覚えた1曲だったのですが、

元は日本の民謡ではなかったのですね。


調べたところによると、アメリカで民謡として親しまれているようです。

アメリカ民謡では、”Yankee Doodle”と呼ばれています。

色んなバージョンがあり、歌詞が微妙に違っているようです。

でも実際は、イギリスが発祥の曲らしいです。




”Yankee Doodle”を辞書で調べてみると、

「アメリカ人・米国人」とでてきます。

”Doodle”には、「落書き・のらくら(ぐずぐず)する」という意味があります。

もともとは、イギリス人がアメリカ人をバカにして作った歌らしいです・・・。



私が見つけた英語版の歌詞を載せてみますね。



Yankee Doodle went to town

riding on a pony

stuck a feather in his hat

and called it macaroni.


Yankee Doodle, keep it up

Yankee Doodle dandy

mind the music and the step

and with the girls be handy




Yankee Doodle(アメリカ人)が街に行った

ポニーに乗って

帽子に羽を刺して

それをマカロニと呼ぶ

Yankee Doodle その調子

Yankee Doodle しゃれ男

音楽に合わせて踊れば(ステップを踏めば)

女の子もすぐに手に入る



マカロニというのは、イギリスで流行っていたファッションのことを

そう呼んでいたらしいです。

なんか・・・バカにしたような歌詞ですよね。笑


日本の歌詞とは似ても似つかず、

戸惑いしか憶えませんが・・・。

こういう歴史があって、日本の「アルプス一万尺」があるのでしょう。きっと。

しかし、どうやってこうも違う歌詞になったのか・・・。

不思議ですよね:)

日本の平和な手遊び歌がイチバンよいですね。

「アルペン踊り」はひっかかりますが・・・。笑



よかったら下の黒板をクリックお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。