伝えたい英語~約1800日の奮闘日々より~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きい数字

大きい数字は難しいですよね。計算するのは。

でも、読むのはそうでもないです。

むしろ、日本語の方が難しいです。




100

これは”hundred”ですね。


1,000

これが”thousand”です。


もっと言うと、

000
 ↑
これが”thousand”です。

このコンマ(カンマ?)が”thousand”と覚えておけば

非常に簡単に読めます。


2,000  ”Tow thousand”

ですね。

なので

20,000  ”Twenty thousand”

という具合です。


同様に、

000,000
 ↑
”million”

000,000,000
 ↑
”billion”

となります。

頭から数字を読んでいって、

カンマがきたら何個目かによって上記の単語を使えば、

大きい数字も簡単に読めてしまいます。

日本語より簡単だと思いませんか?

1の位から「いち、じゅう、しゃく、せん、まん・・・・」

と数える煩わさがないんです!

未だに上手く読めないのは私だからだとも思いますが・・・

ぱっと見ただけじゃ数字、読めません。笑



また、「1,500」の場合など、

あえて”thousand”を使わずに読むこともあります。

この場合、私なら

”Fifteen hundred”と読みます。

学校で習った通りなら、

”One thousand five hundred”

と読むかと思うのですが・・・

長くてめんどくさいんですね。笑

”Fifteen hundred”と言われた方が、

頭に数字が浮かびやすいとも思います。

こう読まなきゃいけない!というものではないのですが、

シンプルに読みやすい方が伝わりやすいのではないかと思います。


先日、生徒さんにこの1,500の読み方について指摘されたのですが、

私は全く自然に”Fifteen hundred”と読んでいたので、

違和感があることにビックリしました。

いつから自分はこう読み始めたのか・・・?

全く記憶にございません。笑

きっと私もその生徒さんと同じ様に感じた瞬間があったハズなのですが、

遠い昔すぎて忘れてしまったのでしょうか?

スポンサーサイト

音にする異文化

文化の違いを感じるところに、

「擬声語・擬音語」があります。

物(人)の音に、声で音をつける、

というやつです。

今回は、その日本文化とアメリカ文化の違い

とも言いますか、音の表現の違いを

ご紹介したいと思います:)


時計の進む音は、日本語でも英語でも

「チクタク」

”Tick tack”

と同じです。


では、くしゃみはどうでしょう。

日本語では、「はくしょん」または

「へくしょん」ですよね。

しかし、これが英語(アメリカ)では、

”Achoo”なんです!

カタカナで表記すると、「アチュー」

となります。

えぇぇーーー?!?!

ですよね!笑

くしゃみの音は、人によって音が違うし、

個人でもその都度音が違ったりもするので、

統一するのも難しいとは思うのですが・・・

”Achoo”には私もビックリしました。笑


では、カメラのシャッターをきる時の音は、

どうでしょうか?

日本語だと、「カシャッ」や「パチリ」

と言うと思うのですが、英語では、

”Click”

と言います。

もはや音ではなく、動作・・・。笑


動物の鳴き声の表し方の違いは有名で、

歌にもなっていたり、学校で習ったりして

覚えている方もいるかと思うのですが、

他にもこういった違いはたくさんありますね。

ちょっと理解できないものもありますが・・・

おもしろいですよね♪

ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

車のハンドル

今日はカタカナ英語シリーズです。

車の大切なパーツである、

「ハンドル」です。


これは立派なカタカナ英語です。

車のハンドルは、英語では

”steering wheel”

と呼びます。


”steer”という単語には、

「運転する・操縦する」という

動詞の意味があります。


”wheel”は簡単に言ってしまえば、

「輪」ですね。


運転するのに使う輪なので、

”steering wheel”である!

とは言いきれませんが、

(確証がないので。笑)

そうイメージがつきます。


英語で「ハンドル」”handle”というと、

「取っ手」とか「柄」というものを

想像します。

決して「車のハンドル」のことを想像は

しません。


一見、外来語のフリしたこのカタカナ英語。

気をつけてくださいね:)

知らずに使ってしまうと、

首をかしげられてしまいます。


ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

ピーナッツバターセロリ

今日のお昼にテレビを観ていて、

とても懐かしくなったネタですが、

アメリカではセロリを食べる時、

塩でも味噌でもなく、

ピーナッツバターをつけて食べます。

これは、おやつ感覚で子供も食べます。


「えぇ~⁇」

と思われる方もいるかもしれませんが、

意外といけるんです、コレ!

私はもともとセロリがダメだったのですが、

ピーナッツバターを付けて食べてから

好きになりました。

それから自分でセロリとピーナッツバターを買って、

小腹がすくと食べていました:)


ただ、アメリカのセロリは、日本のものに比べて

味が薄いんですよね。

これは野菜全般に言えることなのですが。

トマトやきゅうりなんて、

味の濃さの違いがよくわかります。


しかし、日本のものでもおいしいと

今日テレビで言っていたので、

よかったら試してみてください。

ピーナッツバター&セロリ!

もしかしたらハマるかも⁈

でなかったとしても、アメリカ文化体験です♪


ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

猫舌

日本語にあって、英語にない単語

というのはいくつかあると思うのですが、

そのひとつに「猫舌」があります。


「猫舌」って、英語圏にはない観念

なんでしょうね。

この単語を辞書でひいてみると、

"can't eat hot food [things]"

とあります。

直訳すると、

「熱いものが食べられない」です。

その通りなのですが、説明になってしまっています。

ビチっと当てはまる単語がないんですね。

違う文化なので、こういったことがあっても

不思議ではないですよね。


聞いた話によると、

そもそも猫舌って存在しないらしいですね?

猫舌の人は、ただ食べ方が下手なだけ

らしいのです。

本当なのでしょうか⁇

そうなると、英語が正しいのか⁈

私は猫舌ではないのでよくわかりません。

ただの猫顔です。笑


ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。