伝えたい英語~約1800日の奮闘日々より~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相性

久々の「男と女シリーズ」です!


今回の、テーマは、<chemistry>です。

え?化学ですか?!

って、思いますよね?

もちろん、化学については取り上げませんし、

むしろ知識がありません・・・。笑


<chemistry>という語には、

「相性」という意味もあるのです。

相手に対して感じる、

「合う、合わない」の感覚のことです。


「私たち、相性がいいの!/合うの!」

と言う時は、

”We have good chemistry!”

と言います。


「彼とは合わないと思う。」

と言いたい時は、

”I think there is no chemistry.”

と言えます。




この語の「相性」というのは、人と人との相性です。

そこだけ注意してくださいね:)


また、”compatibility”という語も、

「相性」という意味を持つ語です。

こちらは、人だけでなく、物や事との相性にも使えますので、

そういう場合はこちらの語を使ってください:)


「化学」と「人との相性」が同じ単語というのも、

おもしろいですよね。

最初は、え?!と思いましたが、

今はなんとなく、この2つの意味につながりがあるような、

わかるような気がします。

人と人との間にも、出会った時に化学反応みたいなことが起こって、

様々なカタチの関係に発展していくのかな・・・

なんて。

あくまで、私流の解釈ですが。笑


ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

スポンサーサイト

dump

今回の「男と女」シリーズは、

dump”です。


この語には、「投げ捨てる」などという意味もあるのですが、

「男と女」シリーズ的な意味では、

「振る」という意味があります。

そう、恋人を振るの「振る」です。



”You should dump him.”

(振っちゃいなよ。)

直訳だと、(あなたは彼を振るべきです。)ですね。



また、これを受け身形で使うと


“I got dumped.”

(振られた。)


というようになります。

肯定文で、

”He dumped me.”

でも同じ意味です。



また、「別れる」というときは、

break up”を使います。


”We broke up last night.”

(私たちは昨日別れました。)


と、使います。


使われることがない方が良い表現ではありますが、

参考までに:)


ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

Attractive

今日の単語は、

attractive”です。


これは、「男と女シリーズ」において、

欠くことのできない単語の1つだと断言できます。


attractive”には、

「魅力的な、人を引き付ける、興味をそそる」

などという意味があります。

この語は<形容詞>なのですが、

この語の元になっている

attract”という動詞には、

「魅力がある、魅了する」という意味もあります。


”I’m attracted to him.”

のことが好きなの。)

となります。

直訳で考えると、

「私は彼に引き付けられた・魅了された」となり、

つまりは好きという感情があるということです。

もちろん、男性が使いたい場合は、

”I’m attracted to her.”

彼女のことが好きなんだ。)

となります。


また、

”He is very attractive.”

(彼ってとっても素敵。)


”She is very attractive.”

(彼女はとっても魅力的。)


と、<形容詞>で使われることも多くあります。




私は、個人的に、人を褒める時の最高の褒め言葉だと思います。

魅力的な人になりたい・・・。笑



ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

デートに誘う

今回の「男と女シリーズ」は、


「デートに誘う」です。


「デートに誘う」という表現に、

ask (someone) out”があります。

(someone)の部分は、誘いたい相手、状況によって変わります。


直接、本人にデートの申し込みをする場合は、

”May I ask you out for a date?”

(デートに誘ってもいいですか?)

これは”May I”と尋ねているので、丁寧な印象ですね。

文末の”for a date”というのは、付けても付けなくてもOKです。

付けた方が丁寧で、明確に感じますが、

付けなくても言われた方はだいたい何のことかわかりますよね?

なので、「絶対必要」ではないです。


でも、本人に「デートを申し込みたい」と言う事って稀でしょうか?




友達同士での会話で、

「デートに誘ってみたら?」

というのは、

”Why don’t you ask her out?”

(↑女性をデートに誘いなよ、という場合。)

または、

”Why don’t you ask him out?”

(↑男性をデートに誘いなよ、という場合。)

というように、

「誰を誘うか」によって、目的語の部分を変えて使います。

もちろん、この場合は、

”You should ask her out.”

(彼女をデートに誘うべきだよ。)

と、”should”を使って勧めてもOKですね。


もうおわかりかと思いますが、

(someone)の部分には、<人称代名詞の目的格>が入ります。

(you,me,him,her,us,them,it)のことです。


肉食女子ならば、

”Why don’t you ask me out?”

(私をデートに誘ったら?)

もアリなのでしょうか・・・?



ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

付き合ってる人いるの?

気になる子に聞きたい一言。

「付き合っている人いるの?」

が今回のフレーズです。



これは英語で

”Are you seeing anyone?”

と言います。


Seeという単語には、もちろん

「見る・見える」という意味があります。

そして、以前“I see”で紹介したように、

「理解する」という意味もありました。

また、追加で今回は、

「交際する・付き合う」という意味が加わりました。

みなさんの中のSeeという単語がどんどん広がってきましたね♪

おもしろいですよね:)

この意味で使われる場合は、<現在進行形>で使われることがほとんどです。


この質問は、当たり前ですが2択ですので、

Yes/Noで答えます。


このフレーズは覚えておきたいですね。

自分からこの質問をしないとしても、聞かれることはありますからね。

うっかり直訳して、

「え?誰を見てるかって?目の前のあなたですよ。」

と返答してしまうと、キョトンとされてしまいそうですよね。笑

知っている単語で、知っている文法なだけに、

このフレーズの意味を知っていないと怖いな・・・

と思います。

でも、もう知っているから怖くないっ!

英語は怖くないっ!

英語はたのしい♪:)


ランキング参加中!クリックのご協力をお願いします!
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございますm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。